通信制大学の出願には何が必要なの?

通信制大学の出願はいつから?必要な書類は?

通信制大学の入学時期は4月と10月の年2回が一般的です。
だいだい2か月前から情報収集をはじめ、1か月前には出願書類を取り寄せるようにしましょう。
最近ではインターネットで出願書類を取り寄せられる大学が多いです。
書類が届いたら、出願期限をまず確認し、それから入学を志望するコースや学年の入学資格を確認します。
正科生として入学するのなら一年次入学なのか、2・3・4年次編入なのか、などです。
それによって、用意する書類が違います。
出願書類は入学志願書の他に、最終学歴の学校の成績証明書、卒業証明書(高等学校卒業者の場合は調査書)、志望理由書、健康診断書や戸籍謄本などがあります。
通信制大学の出願期間は長めに設定されています。
4月に入学するのだとして、出願期間が2~5月に設定されている大学もあるくらいです。
しかし、余裕をもって用意するのに越したことはありません。
早め早めを心がけましょう。

出願書類の中で先に用意しておくと良いもの

出願書類は先に用意しておくのがベターなことは言うまでもありませんが、中でも先に用意しておくと良いものをいくつか挙げておきます。
まず、住民票(3か月以内)、健康診断書など、どの大学の出願書類にも必要で、平日に急には手に入りにくいもの。
社会人で働いている場合は特に、あらかじめ用意しておくといいでしょう。
次に、人物保証書(「人物に関する調査書」や「推薦書」といった、他の人間に受験者の人物を保証してもらう書類)が出願に必要な通信制大学もありますので、そうした保証をしてくれそうな人間の心当たりをつけておくことも重要です。
高校時代の担任や上司など、親しい人物に頼んでおきましょう。
血縁者や身内では受け付けてくれない大学もありますので、気を付けてください。

国語の教員免許を通信制大学で取得する方法はおすすめです。働きながら学ぶことができますので、社会人に最適です。